2012年11月16日

どもりは薬で治る?

どもりの治療で病院に行くと、まずは薬を処方されますが、残念なことにどもりの特効薬となる薬は今のところありません。

でも、心理的な要因でどもりになっている場合には、薬で不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)を和らげることで症状を緩和することが可能になります。

どもりで処方される薬は、直接どもりの改善に繋がるものではなく、あくまでも対処療法のための薬です。

どもりの薬としては、うつ病と同様に、精神を安定させる薬や神経をリラックスさせる抗不安薬などが処方されます。

具体的には、ルボックスやレキソタン、アモキサン、セパゾンなどが処方されることが多いと思います。

これらの薬には、不安な気持ちを取り除き、精神を安定させる効果があります。

また、最近出てきた新しい薬では、SSRIなどが挙げられます。

SSRIは比較的効果の高い薬として知られていますが、人によって合う合わないがあるようです。

それに、どもりの原因によっては、効果の出る人もいれば、全く改善されない人もいるでしょう。

薬を使って治療を行う場合、症状緩和の効果もありますが、逆に副作用が起こる場合もありますので注意が必要になりますよね。

薬によって効果や持続時間に違いがあるように、副作用(効果が強けれね強いほど、ある程度の覚悟が必要となります)にも違いがあります。

眠気や吐き気、のどの渇き、血圧(喫煙や過度の飲酒で上昇します)の上昇などの副作用が出る場合があるので、自身の勝手な判断で服用を止めたり、量を増やしたりはせず、しっかりと医師の指示に従って服用してください。

また、どもりの薬はすぐに効果が現れるものではありません。

二週間ほどを目安にして服用すると良いでしょう。




posted by どもり at 17:27| どもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。