2012年12月26日

どもりは手術で治るのか?




「どもり」と聞くと、なんとなく耳慣れない言葉で、どんな症状か判らない方も多いのでは?

どもりとは簡単に言うと「どもり」の事で、普通の方が喋るようにスラスラと言葉が出てこない症状を指します。

どんなにゆっくりと話そうとしても最初の言葉が出てこなかったり、途中で言葉がつっかえてしまったりするのは、言葉を発する喉や言語を司っている脳に原因があるのでは?

と思う方もいらっしゃるでしょう。

これだけ医学が発達している現代ですから、手術をすればどもりも克服出来ると思われるのも無理はありませんね。

けれど、国内ではどもり治療についての医学的治療や研究がなかなか進んでいないのが現状で、治療を行ってくれる専門家もそれ程多くはありません。

その為、手術でどもりを治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)するような方法は、現段階では見つかっていないようです。

また、どもりの主な要因としては外科的な部分ではなく、メンタル的な部分に大きく関係していると考えられています。

この事から、手術でどもりを治療するのではなく、言語訓練や精神療法と言った方法でどもりを治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)していく事が一般的となっています。

ただ、現在でもどもりを研究している方々の意見がまとまっていない為、その内面的な治療法にもはっきりとした成果があるとは言い切れていません。

どもりに悩まされていらっしゃる多くの方の為にも、この先も研究を進めてもらい、どもりに対する治療法が早期に確立されるといいですね。








どもり 克服
posted by どもり at 16:08| どもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

ツボ押しでどもりを治療する?

どもりの治療方法の一つに、ツボ療法があります。

ツボの刺激でどもりを改善することが可能になるのです。

人の体には数多くツボが存在しますが、その中でどもりに効果のあるツボとしては、イライラ、不安、緊張を和らげるツボ、精神を安定させてリラックスさせるツボがあげられるでしょう。

残念ながら、直接的にどもりに効果があるといった決定的なツボはありません。

でも、どもりの原因になる要素を取り除くことで改善していけるはずです。

どもりは緊張や焦り、不安が原因である事が多いので、これらを解消するツボを押すと良いでしょう。

どもりの改善に繋がるであろうツボには、「労宮」や「神門」があります。

労宮は手のひらの中心部、人差し指と中指の間を下りていったところにあるツボです。

また、労宮の周りを手心といい、この部分を揉みほぐすことで、気持ちの高ぶりを落ち着かせてくれます。

神門は手首の小指側の付け根のくぼみ部分にあり、ストレスの緩和、心を落ち着ける効果があります。

腹式呼吸や深呼吸と合わせて刺激することで、より効果を発揮するでしょう。

これらのツボは、どれも自分の手の届く範囲にあるので、いつでも押すことができます。

どもりを改善する以外にも、リラックス(人それぞれリラックス方法は畭なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)したい時や疲れを感じた時に押すようにするといいですね。

ツボを押す回数や時間にはこだわらずに、痛いけど気持ち良いと感じる強さで指圧しましょう。

強く押せば良いというようなものではないので、力加減はとても大切です。




posted by どもり at 17:27| どもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

催眠療法でどもりを治療する?

どもりの治療方法の一つに、催眠療法があります。

催眠療法は、催眠によってどもりを治療していく方法です。

数ある心理療法の中でも、比較的短期間で効果があらわれる方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)だといわれており、セラピストや催眠療法士によるカウンセリングを受けて治療を行っていきます。

アメリカの医療機関では、どもりの治療に広く催眠療法が取り入れられており、実際にどもり治療において多くの改善事例があります。

催眠療法を行う一番のメリットは、催眠術によって催眠状態になることで無意識のうちに心が解放された状態になることです。

催眠療法は、開け放された心に入り込み、自分でも気づいていない、意識していない部分の悩みを改善すると言われています。

どもりは自分が吃音症であるという認識が強くなればなるほど重症化していく事が多いため、吃音症を改善しなければと思うと却って、焦りや不安が大きくなり、重症化してしまうのです。

催眠療法では、どもりの原因であるあがり症や不安、トラウマなど、心の奥にある悩みを上手く引きだし、潜在意識に直接的に働きかけ、心の奥にある否定的な部分を肯定的な方向へと導いていきます。

このように、マイナスイメージの影響をなくして、プラスイメージを潜在意識にインプットしていくことがどもりの緩和へと繋がると言われているのです。

催眠療法(近年、知られるようになったものに、ヒプノセラピーがあります)による治療は、どもりに限らず、必ずしも効果があるものではなく、効果の有無は人それぞれでしょう。

ただ、薬のような副作用を伴わない治療法ですから、一度試してみる価値はあるかもしれません。

催眠療法はどもりの治療以外にも、心の病や食べ物の好き嫌いを無くす事にも効果的だと言われています。




posted by どもり at 17:27| どもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。