2012年11月16日

どもりに漢方は効果ある?

漢方薬は簡単にいうと、崩れた体のバランスを整えて回復させる薬です。

漢方では、病名に対して一定の薬を処方せず、同じ病気でも証というものをたててから、症状に合わせた薬を処方します。

どもりの原因は、ストレス、不安、緊張、焦りなどを要因とする場合が多くありますが、同じどもりでも原因が違うことで処方される漢方薬が変わってくるのです。

例えば、人と話をする時の緊張や不安などといった外部の状況によって起こるどもりの場合は、漢方では「気」の流れに乱れがあると考えます。

「気」の流れを調節する「肝」が興奮してしまうことで、どもりの症状が発生するという考え方をするのです。

このような場合には、芍薬(シャクヤク)や柴胡(サイコ)、釣藤鈎(チョウトウコウ)などの神経や筋肉の緊張を緩めてくれる薬を使います。

漢方薬は西洋薬とは違って、人の体全体を調整する薬です。

長い間服用しても副作用(効果が強けれね強いほど、ある程度の覚悟が必要となります)があまりないことから、年配の人や子どもにも安心して飲ませられると年々評価が高まっています。

実際に漢方薬を服用してどもりが改善されたという声も多く見受けられます。

漢方薬には、専門医がカウンセリングをして自分に合った漢方薬を調合してくれるものと、既に一定の漢方薬を調合して販売している既製品とがあります。

金額的には、15日で4000円前後と安いものでない上、一般的に処方される薬のような即効性はありません。

最近では、健康保険の使える漢方専門の医療機関も増えてきているので、服用を考えている場合には、一度専門医に相談してみると良いでしょう。




posted by どもり at 17:27| どもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どもりは薬で治る?

どもりの治療で病院に行くと、まずは薬を処方されますが、残念なことにどもりの特効薬となる薬は今のところありません。

でも、心理的な要因でどもりになっている場合には、薬で不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)を和らげることで症状を緩和することが可能になります。

どもりで処方される薬は、直接どもりの改善に繋がるものではなく、あくまでも対処療法のための薬です。

どもりの薬としては、うつ病と同様に、精神を安定させる薬や神経をリラックスさせる抗不安薬などが処方されます。

具体的には、ルボックスやレキソタン、アモキサン、セパゾンなどが処方されることが多いと思います。

これらの薬には、不安な気持ちを取り除き、精神を安定させる効果があります。

また、最近出てきた新しい薬では、SSRIなどが挙げられます。

SSRIは比較的効果の高い薬として知られていますが、人によって合う合わないがあるようです。

それに、どもりの原因によっては、効果の出る人もいれば、全く改善されない人もいるでしょう。

薬を使って治療を行う場合、症状緩和の効果もありますが、逆に副作用が起こる場合もありますので注意が必要になりますよね。

薬によって効果や持続時間に違いがあるように、副作用(効果が強けれね強いほど、ある程度の覚悟が必要となります)にも違いがあります。

眠気や吐き気、のどの渇き、血圧(喫煙や過度の飲酒で上昇します)の上昇などの副作用が出る場合があるので、自身の勝手な判断で服用を止めたり、量を増やしたりはせず、しっかりと医師の指示に従って服用してください。

また、どもりの薬はすぐに効果が現れるものではありません。

二週間ほどを目安にして服用すると良いでしょう。




posted by どもり at 17:27| どもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

呼吸法でどもりを改善する?

どもりの改善には、正しい呼吸を行うことが必要になります。

正しい呼吸法(呼吸のやり方を変えることで、心身をコントロールしようというものです)とは、一般的に腹式呼吸のことを言います。

腹式呼吸は、息を吸うとお腹が膨らみ、吐いた時にはお腹が凹む呼吸法です。

胸や肩が息で押し上げられ、リラックス効果が得られます。

どもりは緊張することで、症状の悪化へと繋がりますので、リラックスできる腹式呼吸(医学博士・二木謙三氏が推奨した二木式腹式呼吸法というやり方もあります)で呼吸することはどもりの緩和にとても効果的です。

逆に、胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)式呼吸で呼吸をする事により、交感神経を刺激し、身も心も緊張状態になってしまうでしょう。

どもりの症状のある人の多くは胸式呼吸であると言われており、人前に出て緊張し、焦れば焦るほど胸の一部でしか呼吸ができなくなります。

そして、交感神経が高ぶった状態が続くことで、どもりが悪化してしまうというわけです。

不自然な呼吸になるのを防ぐためにも、意識して腹式呼吸を取り入れてみてください。

腹式呼吸の方法は至って簡単です。

誰でも手軽に、お金をかけずに実践できるので、ぜひ試してみてくださいね。

まず、お腹に手を当てて、息を吸う時にお腹に意識を集中して膨らますようにします。

吐く時は、細く長くのんびりと息を吐いてみましょう。

そこでお腹が凹んでいけば、腹式呼吸ができていると言えます。

どもりの人でも、カラオケに行って歌っている時には症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が出ない人がいます。

カラオケで歌っている時には、腹式呼吸によって息を吐き、お腹から声を出すことができているためです。

他にも、腹式呼吸はヨガの呼吸法や座禅の呼吸法としても有名でしょう。

心を落ちつける、リラックスさせるという点で共通していますよね。

吹奏楽器の演奏者や歌手なんかも、最初は腹式呼吸の練習をするほど、日常で多く使われている呼吸法になります。




posted by どもり at 17:27| どもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。